食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

おいしいレモンの選び方について

おいしいレモンの画像

レモンは、ドレッシング作りや揚げ物の添え物、レモンティーなど色んな料理で使用することができるフルーツです。スーパーで一年中購入することができ、海外産と日本産では値段に大きな違いがあります。輸入されたレモンの多くは防カビ剤がついているので、しっかりと洗ってから使用するのがおすすめです。レモンティーや皮を使用した調理をする場合は、国産のレモンを選びましょう。

こちらのページでは、おいしいレモンの選び方や鮮度が良いレモンの見分け方を写真付きでご紹介します。

主な栄養成分 ビタミンC・カリウム・カルシウム
旬の時期 国産レモン 9月〜1月

果皮を確認する

おいしいレモンの画像

皮にハリ・ツヤがあり、ムラがないもの

鮮度が良く、おいしいレモンを選ぶ場合は、まずは皮の状態をチェックします。レモンを手に取ってみて、皮にハリやツヤがあるものがおすすめです。レモンは単品購入できることが多いので、皮の状態を一つずつ確認して選ぶことができます。皮はハリだけでなく、色ムラが少ないかも確認しておきましょう。

おいしいレモンの画像

皮ごと調理する場合は、国産の無農薬のものを選ぶ

価格は高くなりますが、レモンを料理で使用する場合は基本的に国産レモン(無農薬)がおすすめです。特に皮ごと調理する場合は、レモンティーにスライスレモンを入れる場合は、国産のレモンを選びましょう。

ヘタを見る

おいしいレモンの画像

ヘタがついていて、枯れていない物

レモンの皮をチェックした後は、ヘタ部分を確認します。ヘタが付いているレモンを選び、ヘタが枯れていないかもチェックしましょう。

重さと香りもチェックする

おいしいレモンの画像

重みがあるものは、果汁が多い。触った感じがしっかりしているもの

鮮度がよく、美味しいレモンを見分ける場合は、重さと香りも大事なポイントです。レモンを手に取ってみて、しっかりと重みがあるものを選びましょう。重みがあるものは、果汁が多く美味しいです。

香りの立っているものは、中身も十分に熟している

スーパーでは確認しづらいですが、レモンの香りがしっかりと立っているものも美味しいです。中身が十分に熟しており、すぐに美味しい状態で食べることができます。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP