食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

油の保存場所と保存期間(サラダ油・オリーブオイル・ごま油)

油(サラダ油・オリーブオイル・ごま油)の画像

油は、炒め物やドレッシング、揚げ物などさまざまな料理に使用することができる調味料です。サラダ油やオリーブオイル、ごま油など色んな酒類の油があり、うまく使い分けることで料理の幅を広げることができます。

油は開栓したら約1〜2ヶ月で使い切るのが理想です。使用する機会が少ないけれど常備しておきたい油は少量タイプを選ぶのがおすすめ。こちらのページでは、油(サラダ油・オリーブオイル・ごま油)の保存場所や保存期間についてご紹介します。

開封前の油は「常温・冷暗所」で保存する

油の画像

直射日光を避けて保存する

栓を開ける前の油は常温・冷暗所で保存します。保存する際は直射日光を避け、風通しが良い場所で保存するのがおすすめです。それぞれに記されている賞味期限は「その食味および品質特性を十分に保持しうる期限」を表します。未開封の場合でも賞味期限を過ぎた油の使用は控えましょう。

開封後の油も「常温・冷暗所」で保存する

油の画像

空気に触れると酸化が進む。キャップをしっかりと閉める

油は空気に触れると酸化が進みます。開封後は必ずキャップをしっかりと閉めて、直射日光が当たらない冷暗所で保存しましょう。使用時以外にむやみに蓋を開封することを避けるのがおすすめです。

油の画像

開封前と同様、直射日光を避けて保存する

どの油も基本的には冷暗所で保存をします。特にオリーブオイルは冷蔵庫での保存は厳禁です。低温になると中の油が白く濁り、これを繰り返すうちに品質が劣化します。

サラダ油は冷蔵庫で保存することもできますが、長期保存をした場合、油の中の固まりやすい成分が結晶化・濁りを発生させることがあります。常温保存よりも品質の劣化度合いを下げることはできますが、油として使いにくくなってしまうことも。使いきれる量を冷暗所で保存するのがおすすめです。

油の画像

ガスコンロの近くなど、温度が高い場所では保存しない

料理の際に便利なので置きたくなりますが、ガスコンロの近くに置いて保存しないようにしましょう。ガスコンロ近くは温度が高くなりやすく、品質低下や火事を招く恐れがあります。少し面倒ですが、調味料ラックや引き出しなどに閉まって収納するのがおすすめです。

油の画像

開封後は、約1〜2ヶ月を目安に使い切る

空気に触れることで酸化が進むので油は栓を開けた後、約1〜2ヶ月で使い切るのがおすすめです。特にオリーブオイルやごま油など、ドレッシング作りや料理に直接かけて食べることがある油は、鮮度が良いうちに使用しましょう。

どの油もスーパーなどで少量パックを販売しています。使いきれる量だけを購入することで節約ができ、収納スペースも取りません。

保存していた油が白く濁ってしまった場合

油の画像

冷蔵庫での保存は厳禁。温度が低くなると白く濁ることがある

油は低温で保存すると中が白く濁ることがあります。冬場に冷暗所で保存し、白く濁り固まった油は温度を上げれば元の状態に戻ります。

この際に品質の劣化はほとんど起こりませんが、オリーブオイルを冷蔵庫保存して白く濁る現象が続いた場合は、品質が劣化してしまう可能性も。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP