食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

椎茸を長持ちさせる、おすすめの保存方法と保存期間

椎茸の画像

椎茸(しいたけ)は約90%が水分で、保存する際は乾燥に注意が必要な食材です。適切な保存の仕方をすることで鮮度を保つことができ、より安全で美味しく食べることができます。

しいたけなどのキノコは基本的には無農薬で栽培されていることが多く、根元を落とすだけで食べることが可能です。汚れはキッチンペーパー(ペーパータオル)で軽く拭き取り、調理します。基本的には水洗いは不要ですが、汚れなどが気になる場合はサッと水洗いしてください。

こちらのページでは、しいたけの保存期間や保存方法(冷蔵・冷凍)を写真付きでご紹介します。

保存場所 冷蔵庫の野菜室
保存期間 約1週間〜10日
用意するもの キッチンペーパー・ポリ袋
保存のポイント ラップではなく、キッチンペーパーで包んで保存する
保存場所 冷凍庫
保存期間 約1ヶ月
用意するもの 冷凍用保存袋
保存のポイント 空気をしっかりと抜いて袋を閉じる

椎茸は「冷蔵庫の野菜室」で保存する 【保存期間:約1週間〜10日】

椎茸の画像

石づきをつけたまま、軸を上にしてキッチンペーパーで包む

水分が多く、乾燥しやすいしいたけは常温保存が不向きな食材です。購入後は冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。購入した当日の調理する場合はパックや袋のまま保存することができますが、長期保存する場合は乾燥を防ぐため、キッチンペーパーを使用します。

しいたけの石づきを残したまま、軸を上にします。キッチンペーパー(ペーパー)で2〜3個のしいたけを包んでください。

椎茸の画像

軸を上にしたまま、ポリ袋(冷蔵用袋)に入れる

キッチンペーパーで包んだしいたけは、ポリ袋または冷蔵用保存袋に入れます。軸を上にしたまま保存するようにしましょう。

しいたけは湿気に弱く、直接ラップに包んだり、ポリ袋に入れるとしいたけから出た水分で傷んでしまうことも。また、水分を出したしいたけは乾燥してしまい、食感や鮮度が落ちやすくなります。キッチンペーパーまたは新聞紙で包んでからポリ袋にいれると、鮮度を保った状態で保存することができます。

椎茸の画像

野菜室で保存する。保存期間は約1週間弱

野菜室での保存期間の目安は1週間弱です。裏のヒダが変色したり、カサの弾力が無くなる前に食べるようにしましょう。

スポンサード リンク

椎茸を「冷凍庫」で保存する 【保存期間:約1ヶ月】

椎茸の画像

カサの部分だけ、または薄切りにする

しいたけを長期保存する場合は、鮮度が良いうちに冷凍保存をします。冷凍保存する際はしいたけの石づきを落してカサだけにするか、薄切りにしてください。あらかじめ薄切りにしておくと調理しやすく、スープも作りやすくなります。

椎茸の画像

冷凍用保存袋に入れる。空気をしっかりと抜いて閉じる

カサだけ、または薄くスライスしたしいたけを冷凍用の保存袋に入れます。空気が入らないようにし、しっかりと袋のチャックを閉じてください。しいたけは冷凍された状態でもスムーズにカットすることができます。

椎茸の画像

保存期間は1ヶ月が目安。調理時は冷凍のまま使用する

しいたけを冷凍保存した場合、保存期間の目安は1ヶ月です。調理で使用する際は電子レンジで加熱せず、そのまま調理することができます。あらかじめスライスしておくことで、スープも作りやすくなります。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP