食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

マヨネーズの保存方法と保存期間

マヨネーズの画像

マヨネーズは、粉もの料理や揚げ物、ドレッシング作りなど使用する機会が多い調味料です。マヨネーズは殺菌力のある酢と食塩を含んでおり、強い防腐作用がある食品ですが、激しい温度変化で分離してしまうことがあります。高温と低温を避け、温度変化が少ない場所で保存するのがおすすめです。

こちらのページではマヨネーズの開封前・開封後の保存場所や保存期間についてご紹介しています。

開封前は常温(冷暗所)で保存できる

マヨネーズの画像

直射日光を避け、なるべく涼しい場所で保存する

未開封のマヨネーズは常温(冷暗所)で保存します。高温下に何日も置かれたり、直射日光があたる場所に置いておくとマヨネーズが変色することも。開封前のマヨネーズは直射日光を避け、涼しい場所に保管しましょう。

開封後は冷蔵庫で保存する。野菜室での保存もおすすめ

マヨネーズの画像

マヨネーズは、0℃以下になる場所で保存すると分離する

マヨネーズは冷凍保存することができません。0℃以下の場所で保存すると油が分離し、マヨネーズとして使用できくなってしまいます。一度分離したマヨネーズは元の状態に戻りません。

マヨネーズの画像

キャップはしっかりと閉め、下向きにして保存するのもOK

マヨネーズの保存は冷蔵庫の野菜室がおすすめです。冷気の吹き出し口が近い場所やチルド室で保存すると、油が分離する場合があります。

約5~7℃に保たれている野菜室はマヨネーズを保存しやすい場所です。保存する際はキャップをしっかりと閉めましょう。ボトルは逆さにしておくとマヨネーズがキャップ口に集まり、使いやすくなります。

マヨネーズの画像

開封後は約1ヶ月を目安に使い切る

野菜室でマヨネーズを立てにくい場合は、ペットボトルが重宝します。ペットボトルの切り口で怪我をしないように、ラップなどを巻いて保護をしておくのがおすすめです。マヨネーズは開封後、約1ヶ月で使い切るようにしましょう。使い切るのが難しい場合は、少量タイプのマヨネーズを選ぶと無駄なく使用することができます。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP