食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

レモンを長持ちさせる、おすすめの保存方法と保存期間

レモンの保存画像

幅広い料理や飲み物で使用できるレモンは、常備しておきたいフルーツです。レモンは常温での保存に向いておらず、冷蔵または冷凍保存します。鮮度が良いレモンを使用したい場合はまとめ買いを避け、その都度購入します。

切ったレモン(カットレモン・スライスレモン)は日持ちがしないため、なるべく早く使いきるようにしましょう。使い切れない場合は、冷凍室での保存がおすすめです。

こちらのページでは、レモンの保存期間や保存方法(冷蔵・冷凍)を写真付きでご紹介します。

保存場所 野菜室
保存期間 約10日
用意するもの ペーパータオル・ポリ袋
保存のポイント 1個ずつペーパータオルで包む
保存場所 冷凍庫
保存期間 約1ヶ月
用意するもの 保存容器
保存のポイント カットレモン・絞った果汁・丸ごと保存ができる

レモンは「野菜室」で保存する 【保存期間の目安:10日】

レモンの保存画像

レモンは常温での保存が不向き

レモンはグレープフルーツやバナナとは異なり、常温での保存に不向きなフルーツです。レモンの保存温度は6℃~8℃が適温で、10℃以上になると品質が低下します。

レモンの保存画像

まるごと保存する場合は、ペーパータオルで1個ずつ包む

レモンは冷蔵室ではなく、野菜室での保存がおすすめです。温度が高い状態だけでなく、4℃以下で保存した場合も味の低下が起こりやすくなります。野菜室で保存する場合は、レモン1個ずつをペーパータオルで包んでください。レモンは皮が重なる場所から傷みやすくなるので、レモン同士がぶつかるのを防いでくれます。

レモンの保存画像

ポリ袋に入れて、野菜室で保存する

レモンをペーパータオルで包んだらポリ袋に入れ、口を軽く結びます。レモンを丸ごと保存をする場合は、こちらの方法がおすすめです。

レモンの保存画像

切ったレモン(くし切り・輪切り)は、日持ちしないので早めに使い切る

くし切りや輪切りにしたレモンはあまり日持ちがしません。たくさん余った場合は冷凍保存がおすすめです。

半分に切ったレモンを冷蔵庫保存する場合は、ラップでピッタリと包み、なるべく早く使いきるようにしましょう。

長期保存する場合は、冷凍保存する 【保存期間の目安:1ヶ月】

レモンの保存画像

カットしたレモンは、密封容器に入れて保存する

カットしたレモンは冷凍保存することができます。くし形に切ったレモンを密封保存容器に入れましょう。レモンが重ならないように並べるのが大切なポイントです。

レモンをまるごと保存する場合は、ラップで包み冷凍用保存袋に入れましょう。凍ったまますりおろしても使用することができます。

レモンの保存画像

果汁は、アルミカップや製氷器で凍らせる

皮付きのレモンだけなく、絞った果汁も保存することができます。お弁当などで使用するアルミカップや製氷器に果汁を入れ、冷凍室で凍らせます。アルミカップで凍らせる場合は、金属トレイの上にのせて冷凍室にいれると早めに凍らせることができます。果汁が凍ったら、冷凍用保存袋や保存容器にまとめて保存します。

冷凍した果汁は、凍ったままジュースや紅茶などの飲み物に入れて使用すると美味しいです。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP