食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

グレープフルーツを長持ちさせる、おすすめの保存方法と保存期間

グレープフルーツの保存画像

ビタミンCが豊富なグレープフルーツは、そのまま食べるだけでなく、飲み物にして食べるのも美味しい果物です。グレープフルーツの多くは輸入ものなのでスーパーで一年中購入することができます。

グレープフルーツはみかんやオレンジよりも皮が分厚いので傷みにくいフルーツです。常温保存することができますが、夏場の温度が高い時期は野菜室で保存しましょう。

こちらのページでは、グレープフルーツの保存期間や保存方法(常温・冷蔵・冷凍)を写真付きでご紹介します。

保存場所 常温
保存期間 約3〜6日
用意するもの かご(通気性の良いもの)
保存のポイント 夏場は野菜室で保存する
保存場所 野菜室
保存期間 約2〜3週間
用意するもの ポリ袋
保存のポイント むき出しのまま保存しない
保存場所 冷凍庫
保存期間 約1ヶ月
用意するもの 冷凍用保存袋
保存のポイント 果肉を長期保存できる

夏場は常温保存は避ける 【保存期間の目安:3日〜6日】

グレープフルーツの保存画像

かごなど、通気性の良い容器に入れる

グレープフルーツは温度と湿度が高い時期を避けると、常温(冷暗所)で保存することができます。夏場は常温保存を避け、野菜室での保存がおすすめです。また、購入から3日以内に食べきらない場合は常温ではなく、野菜室で保存してください。

直射日光が当たらない風通しが良い場所で保存しましょう。風を通すかご(バスケット)に入れて保存することができます。

夏場は必ず「野菜室」で保存する 【保存期間の目安:2〜3週間】

グレープフルーツの保存画像

むき出しのまま保存しない。乾燥を防ぐため、ポリ袋に入れる

グレープフルーツを冷蔵庫の野菜室で保存する場合は、約2週間ほど保存することができます。夏場の暑い時期は必ず冷蔵庫で保存しましょう。皮が厚く傷みにくいグレープフルーツですが、むき出しのまま保存すると乾燥してしまうことも。

グレープフルーツの保存画像

購入後3日以内で食べきれない場合は、野菜室での保存がおすすめ

野菜室でグレープフルーツを保存する際は、必ずポリ袋に入れて保存してください。ポリ袋の口は軽く閉じ、取り出しやすいように1個ずつか2個ずつ保存しましょう。グレープフルーツをポリ袋に入れることで乾燥を防ぎ、より長持ちします。

冷凍保存する場合は、果肉のみを保存する 【保存期間の目安:1ヶ月】

グレープフルーツの保存画像

皮をむいて果肉のみを保存する

グレープフルーツの果肉は冷凍保存することができます。保存期間は約1ヶ月で凍ったままジューズや酎ハイに使用するのも美味しいです。

グレープフルーツは皮が分厚いでの果肉を取り出すのが難しいことも。まずはグレープフルーツの上下を包丁でカットし、上から順番に皮をむいていきます。はじめに上下をカットすることで皮が剥きやすくなり、簡単に果肉を取り出すことができます。

グレープフルーツの保存画像

冷凍用保存袋に重ならないように並べる

取り出した果肉は冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存します。この時に果肉が重ならないように注意して並べてください。凍った果肉は冷蔵室で半解凍、または凍ったまま使用することができます。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP