食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

竹輪(ちくわ)の保存方法と保存期間

ちくわの画像

ちくわは良質な魚肉たんぱく質を含む食品で、低カロリー・低脂肪なのが特徴です。スーパーで100円前後で購入することができ、生食でおいしく食べることができます。焼いたり、天ぷらにするなど色んな調理法ができるのも嬉しいポイントです。

ちくわは蒲鉾などの練り物は常温保存できず、購入後は必ず冷蔵庫で保存してください。こちらのページでは竹輪(ちくわ)の保存方法を写真付きでご紹介しています。

ちくわなどの練り物は、常温保存がNG

ちくわの画像

購入後は早めに冷蔵庫へ入れる

ちくわなどの練り物は生ものなので常温ではなく、必ず冷蔵庫で保存します。ちくわが入っているパッケージには冷蔵庫(1℃〜10℃)で保存と書かれていることが多く、基本的には冷凍室での保存が不向きです。

購入後はなるべく早く冷蔵庫に入れ、常温で放置しないようにしましょう。お土産などでちくわを持ち歩く場合は、保冷バッグや保冷剤を使用するのがおすすめです。

魚万 公式サイト 練り物の上手な保存方法
清蔵屋 公式サイト 練り物の保存方法について

ちくわはチルド室での保存がおすすめ

ちくわの画像

開封前は袋のまま保存する。保存期間の目安は4〜5日

未開封のちくわはパッケージの袋のまま保存することができます。冷蔵室でも保存することができますが、低温で温度が安定しているチルド室での保存がおすすめです。

ちくわは購入から3〜5日後くらいで賞味期限が設定されていることが多く、あまり日持ちしません。冷蔵庫にストックせず、使いきれる量だけを購入するようにしましょう。

開封後はちくわをラップでぴっちりと包む

ちくわの画像

なるべく早く食べきる。保存期間は1〜2日が目安

開封したちくわは、空気に触れないようしっかりとラップをして保存します。使いやすくぴっちりとラップができるように1本ずつ包むのがおすすめです。開封前と同じようにチルド室で保存します。開封後はなるべく早く食べきるようにしましょう。約1〜2日が保存期間の目安です。

食感や風味は落ちるが冷凍保存ができる

ちくわの画像

食べやすい大きさにカットし、冷凍用保存袋に入れる

蒲鉾やちくわなどの練り物は冷凍保存が不向きな食品です。冷凍後は食感や風味が落ちますが、ちくわを冷凍保存することができます。ちくわを冷凍保存する場合は食べやすい大きさにカットし、重ならないように冷凍用保存袋に並べます。

ちくわの画像

保存期間の目安は1ヶ月。凍ったまま調理する

冷凍用保存袋に重ならないように並べたら、袋の中の空気をしっかりと抜いてから冷凍庫で保存します。保存袋に入れる前にちくわをラップで包むのもおすすめです。冷凍したちくわは生食はせず、汁物や炒め物など加熱調理をして食べましょう。調理をする時は凍ったまま使用します。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP