食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

シリアル・コーンフレークの保存方法と保存期間

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

穀物が原料のシリアルは、食物繊維を多く含み、牛乳やヨーグルト、豆乳など色んな食べ方ができる食品です。コーンフレークやフルーツグラノラなど味がおいしいシリアルも多く、自宅に常備している場合ことも。

シリアルは基本的に常温で保存することができます。直射日光に当たったり、湿気ると味が落ちてしまうため、高温多湿の場所を避けて涼しい場所で保存してください。こちらのページではシリアル(コーンフレークやフルーツグラノラ)の保存方法を写真付きでご紹介します。

開封前は高温多湿を避け、常温保存する

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

直射日光が当たらない涼しい場所を選ぶ

開封前のシリアルはパッケージのまま常温保存することができます。直射日光が当たらず、湿気にくい場所で保存するのがおすすめです。

シリアルの賞味期限は約6ヶ月くらいで設定されている商品が多く、未開封の場合は長持ちします。パッケージに記載されている賞味期限は未開封時のものなので、開封後はなるべく早く食べきるようにしましょう。

開封後は「冷暗所」または「冷蔵庫」で保存する

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

袋止めクリップでしっかりと閉じて保存する

開封後のシリアルは開封前と同じように冷暗所で保存することができます。一度開封すると酸化や湿気が進み、品質が落ちていきます。開封後はなるべく早く食べきるようにしてください。開封後は1週間〜2週間ほど保存することができます。

チャックタイプのパッケージはしっかりと閉じるようにしましょう。袋タイプの場合は、袋止めクリップなどできちんと密封してください。

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

密封容器に移し、乾燥剤と一緒に保存する

酸化や湿気の進行を防ぐため、密封容器に入れて保存するのもおすすめです。乾燥剤がある場合は容器の中に入れて、一緒に保存しましょう。

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

開封後はなるべく早く食べきる。保存期間は1週間が目安

パッケージの裏面にも保存方法について記載されていました。袋止めクリップを使用したり、密封容器に入れ替えて保存するように書かれています。開封後も冷暗所で保存することができますが、密封した状態で冷蔵庫で保存するのもおすすめです。

開封後、賞味期限まで保存する場合は冷凍庫に入れる

シリアル・コーンフレークの保存方法の画像

購入時に入っていた銀袋のまま、冷凍用保存袋に入れて密封保存

シリアルは基本的には常温(冷暗所)で保存しますが、開封後より長持ちさせたい場合は冷凍庫で保存することができます。袋の口をしっかりと閉じ、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫に入れました。食べるときは自然解凍、または凍った状態で食べることができます。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP