食品選びや保存方法のコツがわかる、初心者のための料理情報サイト
自宅にある調味料で簡単に作れるドレッシングやたれ、ソースのレシピもご紹介

食パン・ロールパンの保存方法と保存期間

食パン・ロールパンの画像

焼きたてが美味しい食パンやロールパンは、購入して1〜2日で食べる場合は常温保存することができます。できるだけ早めに食べるのがおすすめですが、長期保存をする場合は冷凍保存が向いています。

こちらのページでは食パンとロールパン(バターロール)の保存方法と保存期間の目安を写真付きでご紹介。パンは冷蔵保存することができないので、常温と冷凍保存の仕方を掲載しています。

すぐに食べる場合は、常温で保存できる

食パン・ロールパンの画像

湿気が少なく、直射日光が当たらない冷暗所で保存する

食パンとロールパンは、購入後すぐに食べる場合は常温で保存することができます。湿気が少なく、直射日光を避けることができる場所で保存するようにしてください。未開封のパンは袋ごと保存し、開封後は賞味期限に関わらず早めに食べきるようにしましょう。

食パン・ロールパンの画像

袋ごと保存する。保存期間は2日〜3日が目安

袋ごと保存する場合は、2〜3日を目安に保存することができます。スーパーで食パンやロールパンを購入すると、賞味期限が2日後または3日後になっていることが多いです。パンを食べきれない場合は、食パン3枚やロールパン3個など少量タイプを選ぶのもおすすめ。

パンの冷蔵保存はNG。食べきれない分は早めに冷凍保存する

食パン・ロールパンの画像

食パンとロールパン、どちらも一つずつラップで包む

食パンとロールパンに関わらず、パンは冷蔵保存が不向きな食品です。冷蔵庫で保存するとパンの生地が乾燥し、味が落ちてしまいます。冷蔵庫の温度帯は、逆にパンの老化をすすめることに(味の低下は0~4℃で最も早く進む)。

パンの長期保存や購入後すぐに食べない場合は、冷凍庫での保存がおすすめです。冷凍保存する前にパンを1つずつラップでしっかりと包みます。パンを開封後、食べきれない量はすぐに冷凍保存するようにしてください。

食パン・ロールパンの画像

パンが重ならないように、冷凍用保存袋に入れる

パンを1つずつラップで包んだら、冷凍用保存袋に入れます。パンを袋に入れる際にパン同士が重ならないように注意が必要です。

食パンとロールパン、どちらもパンが重ならないように並べてください。コストコでのまとめ買いなどパンがたくさんある時は冷凍用保存袋を何枚か用意し、小分けでの保存がおすすめです。

食パン・ロールパンの画像

冷凍庫での保存期間は2〜3週間が目安。なるべく早めに食べる

パンを冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存します。冷凍庫での保存期間は約2〜3週間が目安です。

冷凍保存は常温での保存よりも長持ちしますが、風味を損なわないためにも早めに食べきるのがおすすめ。一度、冷凍したパンは再冷凍すると品質が低下するため、食べきれる量だけ解凍しましょう。

冷凍したパンは常温で自然解凍できる。アルミホイルをかけて、オーブントースターで加熱するのもおすすめ

一度冷凍したパンは常温での自然解凍、または冷蔵庫での自然解凍がおすすめです。朝食にパンを食べる場合は前日の晩に冷蔵庫に入れ、自然解凍しておきましょう。

厚きりスライスの食パンやロールパンは、中心まで温まるのに時間が掛かってしまい、表面が先に焦げてしまうことも。パンの表面にアルミホイルをかけて加熱すると冷凍したパンを焼きやすくなります。

スポンサード リンク
運営者:ぱんくま

1984年生まれ、兵庫県在住の主婦・ウェブデザイナー。食べることが大好きで、おいしい食べ方を考えたりやソースづくりにチャレンジしています。

家事や料理は「なんとなく分かっているようで、実は知らないこと」が多く、料理本や家事本をよく読んでいました。こちらのサイト「おいしいメモ帳」では、知っておくと便利な料理の基本や保存方法、おいしい食べ方などをご紹介しています!

PAGE TOP